健康維持にうってつけ!アントシアニンのサプリメントで健康習慣を

健康の生活

野菜

上手に野菜を取って健康的な生活を

理想的な野菜の一日の摂取量は、青ピーマンやアスパラなどの緑黄色野菜を120g、淡色野菜は230g取ることが、目標とされています。更に100gの芋類、フルーツを200g、きのこ類を30g取ることが目安となっています。これらを過不足なく摂取することは、なかなか難しいことです。年代別にみると、60代は摂取量が一番多く、若い人ほど野菜不足が、深刻化しているといえるでしょう。手軽に野菜を摂取したいなら、ブロッコリーやフルーツなどのサプリメントを摂取するというのも1つの方法です。

いちばん健康的な野菜の取り方は、5種類以上の違う野菜を、旬の季節においしく頂くということでしょう。野菜には強い抗酸化作用があり、活性酸素を取り除き生活習慣病の予防や、老化を予防する効果が期待されています。忙しさに追われ時間に余裕のない現代では、これらの野菜不足からくる、栄養素の欠如をサプリメントから、補給する人が多くなっています。野菜は癌に対する予防作用が注目されており、ニンジンやカボチャに多く含まれるαカロテンは、肺がんや肝がんなどの、抑制効果に期待がもたれています。また、ブロッコリーに多く含まれる、クリプトキサンチンと呼ばれる色素は、発がんを抑制する作用があるとされています。このように、野菜に含まれるカルテノイドは生活習慣病や、癌予防に大きく貢献しています。一日一皿分の野菜不足を解消して、健康的な毎日を送りましょう。