健康維持にうってつけ!アントシアニンのサプリメントで健康習慣を

不調を治す

ウーマン

子宮が原因とされていた

生理がはじまる約2週間前から起こる、心や体の様々な不調がpmsです。今ではホルモンバランスが崩れることが原因であることがわかりましたが、これまでは女性特有のヒステリーと診断されてきました。子宮があるからこれが悪さをしてイライラさせたり、不安にさせたりすると言われたり、それならまだしも、その人の性格とも思われていたようです。そのため対処法は特になく、症状が治まるのを待つしかありませんでした。子宮と関係がないわけではないですが、原因はホルモンバランスの乱れとわかっているのである程度症状を未然に防いだり、症状が出た場合の治療法もいくつか提案されるようになり、その女性の性格が原因ではないことは証明されています。また、女性のホルモンバランスを整えるには、イソフラボンが含まれているサプリや健康食品を摂取していくと良いでしょう。日ごろから、体に必要な栄養素を摂ることで、健康や自律神経を整えていくこともできます。もちろん、ストレスをためないように休養をとるのも大切なことです。

サプリメントや生活習慣の見直しで改善

現在pmsでよく行われている治療法が低用量ピルです。日本ではピルは避妊目的で飲むものと思われがちですが、実は本来は避妊ではなくpmsのようなホルモンの乱れから来る諸症状の治療のために開発された薬なのです。ただ、低用量ピルは避妊目的ではなくても健康保険が適用されないことが多いので、1ヶ月3千円ほどの薬代が必要になります。保険をきかせたいとなると中用量ピルの選択となります。このように薬でホルモンを調整するのが一番わかりやすい方法ですが、病院にかからないといけないので忙しい人などは難しいのです。そこで今多いのが医薬品ではないサプリメントで調整する方法です。これなら薬よりも安い値段でしかも薬局などで簡単に入手できます。そのため今後はこの方法でpmsを治療する人が増えることが予想されます。